ひとまずキャンプ®︎(ジャングルブログ)

見切り発車で始めたこのブログ。キャンプのレポやコラムを書いていきます。

テントの下に敷くやつって必要?グランドシートの大切さ

 

コールマン マルチグランドシート325 2000028504

コールマン マルチグランドシート325 2000028504

 
Coleman(コールマン) 2ルームハウス用テントシートセット 2000031860

Coleman(コールマン) 2ルームハウス用テントシートセット 2000031860

 

 

 

先日はついつい取り乱しまして、テンマクのサーカスTCを紹介するだけの記事になってしまいましたが、なぜか今まで1番PVがありました!笑

 

ツイッターでも興奮のあまり叫びました。

見てください。

 

 

叫んだだけでファボ(いいね)が60。

 

なんなんですかッ!!!

 

いつもこんな事ないのに、サーカスがそんなに力を持っていたなんて。

 

 

もう毎回サーカス絡みにしとけばいいのかな。

 

 

さて、先日のテントの構造について書いた時に、ペグダウンの大事さを記事にしましたが、コメントの中で(ずぼらママさんから)、グランドシートについてのリクエストがありましたので、謹んでご紹介させて頂きます。

 

 

1.グランドシートとは

 

グランドシートって、意外と蔑ろにされがちですが、結構大事です。

 

 

ちゃんと敷いた方がいいです。

 

 

まずは、グランドシートの役割を説明します。

 

グランドシートとは、テントの下に敷くシートです。

テントが直接地面に触れないことによって、テント自体のダメージを軽減できます。

 

また、地面からの湿気や暑い寒いも軽減できます。

 

簡単にいうとフライシートの地面版ですね。

 

 

「えぇ〜〜wwwそれは違うでしょwwwなにがフライシートの地面版だよwwwwあほくさwwwww」

 

 

なんていう人がいたら、こう言ってあげましょう。

「w」の無駄遣いをするな!!この色々無駄遣い野郎!!!

 

 

2.敷き方

敷く際に重要なのが、テントより一回り小さく敷くことです。

 

グランドシートがテントからはみ出していると、雨が降った場合、空からはもちろんのこと、テントから伝って地面に染み込む筈の水滴まで受けてしまいます。

 

その水がテントの底面に侵食し、テント内が濡れてしまいます。

 

結果的に、水を溜める器になってしまうので逆効果です。

 

テントからはみ出さずに、一回り小さく(折るなどして)敷いた時に、本来の力を発揮します。

 

くれぐれも、テントより小さくして下さい。

 

 

3.選び方

 

専用のグランドシートや、アウトドアメーカーのグランドシートはもちろんいいものですが、ブルーシートで全く問題ありません!!!

 

いや、むしろブルーシートの方が少しぐらい扱いが雑でも気にならないし、買い替えも楽です。

 

 

コールマン マルチグランドシート300 2000028503

コールマン マルチグランドシート300 2000028503

 

 

もしくは、

 

 

ユタカメイク ブルーシート(#3000) 2.7m×3.6m BLS-05

ユタカメイク ブルーシート(#3000) 2.7m×3.6m BLS-05

 

 

がいいですね。

#3000という数字は、ブルーシートの厚みです。

3000以上のものを選ばないと浸水してくるかもしれません。

 



4.まとめ

グランドシートの存在を知っていても使わなかった方、全く知らなかった方。

これを機に、グランドシートを敷くことを強くオススメします。

 

ちなみに、サーカスは土間仕様なのでグランドシートは敷きませんwwwwww

 

wを無駄遣いしましたところで、今回のお話、お開きとさせて頂きます。 

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

よかったらブックマーク&ツイッターのフォローをお願いします!