ひとまずキャンプ®︎(ジャングルブログ)

見切り発車で始めたこのブログ。キャンプのレポやコラムを書いていきます。

家族でキャンプをする為に必要な事とか

f:id:campmedaka:20180503105656j:image

これ、NISSAN SERENAのキャッチコピーですが、すごくいいですよね!!

 

言葉の持つ力を改めて感じます。

 

f:id:campmedaka:20180503113248j:image

なんか心が穢れてる人が使いそう。

その全てを否定したり排除するつもりはありませんが、拝金主義が人情より利益を優先した時、穢れてると言わざるを得ないです。

 

言葉の持つ力を改めて感じます。

 

さて、今回のテーマは「家族でキャンプする為に必要な事」です。

 

 

index

 

 

※ここでは、たかはし家の家族構成(自分、妻、娘、息子)をモデルに話を進めます。

 

外堀を埋める

 

「俺キャンプやりたいから、一緒に行こう」

 

これだけじゃ単なるワガママと思われても仕方ないですね。なんでもそうですが、デキる男(女)には計画性があります。

 

はやる気持ちを抑えつつ、まずは外堀を埋めることから始めましょう。

 

敵の城を攻めるには、まず外側の堀から埋める。転じて、ある目的を達成するためには、周辺の問題からかたづけていく。

(引用:goo辞書)

 

ここでいう「敵の城」「ある目的」とは、

 

「奥さんの理解と同意」

 

ですね。

 

また、「外側の堀」「周辺の問題」とは、

 

「出来ない理由」

 

ですね。

 

この場合、「出来ない理由」を先にクリアにする事が先ですね。

 

出来ない理由

f:id:campmedaka:20180504025850j:image

もう、そんなの、無限です。

その中でも一般的に大きく占めるであろうものを挙げてみます。

 

・子供

・虫

・トイレ

・お風呂

 

この辺が一般的にはデカいです。

実際のところ、我が家の場合は、

 

「森に還るぞ」

 

と言えば

 

「よっしゃあ、いくぜ!」

 

となりますが、一般的な考え方で話を進めます。

 

あるアンケート調査によると「キャンプが嫌い」「どちらかといえば嫌い」と答えるのは全体の3%だそうです。

97%は少なくとも興味はあるのです。

あとは誘い方ですね。

うちみたいに

 

「丸太を燃やして生き延びよう」

 

みたいなのじゃダメです。

 

子供

 

まず、子供の笑顔を喜ばない親はいません。

子供(達)に加勢してもらうことが大事です。

孤軍ではいくら奮闘しても本丸はビクともしません。

関ヶ原でいう小早川です。

 

年頃にもよりますが、子供はパパと遊べるのは嬉しい筈です。

丁寧に「キャンプ」という遊びがあることを教えてあげましょう。

すると、

 

「ママ〜!!キャンプ行きたい!!!」

 

となります。

これはデカいですね。

 

 

campmedaka.hatenablog.com

 

子供が小さい場合、少し不安もあるかもしれません。

うちもそうでしたが、ベテランキャンパーに「子供は何歳からキャンプに連れていけるか」を質問したところ、返ってきた答えは、

 

 

 「昔はみんなキャンプだった」

 

 

とのこと。

さすがベテラン。言うことが違う。

確かに。

昔はみんなキャンプだったんだよな〜。

と、妙に納得しました。

 

次にくるのは

 

「虫がいるからヤダ」

 

これですね。

 

虫が最も活発に動くのは25〜30℃らしいです。

夏に虫が多いのはその生態が所以です。

 

従って、25℃未満の時季にいくといいです。

地域によって誤差はありますが、関東でいうと、4〜5月か11月あたりがそれに当たります。

 

その上で、更に虫対策をすると尚いいでしょう。

 

 

campmedaka.hatenablog.com

 

トイレ

きっとトイレのイメージは、

 

古くて汚い

 

と思ってるんだと思います。

 

確かにその通りとしか言いようがない所もあります。

もう臭さ通り越してメンソールになってます。スースーします。鼻から嗅覚にくるというより、ダイレクトに脳に訴えかける臭さです。敵ながらあっぱれです。息を止めて窒息死するか、臭さ死するかの瀬戸際です。

(臭さ死<クサシ>=臭過ぎて死亡すること)

 

あ、すみません。盛り上がっちゃいました。

 

古くて汚いというのは、つまり管理が行き届いてないということですね。

管理が行き届いているキャンプ場は、新しくて清潔なトイレです。

 

イメージを払拭してあげればいいんです。

 

今はウォシュレット付きで、便座も温かいです。清潔です。

 

「メンソールじゃないよ」

 

とお伝えください。

 

お風呂

一般的には1日の終わりにはお風呂に入りますよね!

キャンプのように外遊びで埃まみれになった体を洗い流したい気持ち、よくわかります。

実際、もの凄く気持ちいいです。

 

うちの場合は、こういう時

 

「◯◯しなくても死なない理論」

 

が発動します。

 

(例)

テレビ見なくたって死なない

おかし食べなくても死なない

おしゃれじゃなくても死ぬわけじゃない

 

こんな感じですね。

 

キャンプの場合は、

 

「お風呂入らなくたって死なない」

 

です。

本当に我が家は参考にならないですね!(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)

 

参考にならなくたって死ぬわけじゃないからいいんです。

 

キャンプ場の中には、高規格キャンプ場と呼ばれるところがあります。

通称です。

自称してるところってあるのかな?それってなんか恥ずかしい。

 

campmedaka.hatenablog.com

 

お風呂が近くにあるキャンプ場を選んで、こう行ってあげて下さい。

 

「う、うんうん、そうそうそう、そうだよね〜〜!!お風呂に入らなきゃ死んじゃうもんね〜〜!!」

 

奥さんの理解と同意

 

いよいよ本丸です。

ラスボスです。

毎週月曜夜9時、新ドラマ「妻はラスボス」お楽しみに〜(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)

 

 

 

外堀は埋まりました。

あとは口説くのです。

慎重に、確実に、丁寧に育て上げ、たわわに実った果実をもぎ取るのです!

 

 

 

 

 

 

 

 

「旅行にいくより安いよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

カチッ

 

 

 

 

 

 

 

 

どこかで扉の開く音がした。

 

 

 

 

検討を祈る。