ひとまずキャンプ®︎(ジャングルブログ)

見切り発車で始めたこのブログ。キャンプのレポやコラムを書いていきます。

ビギナー(初心者)用・キャンプ用語集

春の訪れを知らせてくれるものといえば様々。

桜、筍、福寿草

春眠、ビタミン、グルコサミン。(言いたいだけ)

 

日本人は四季を感じ、それを喜ぶ習性があります。農耕民族だからですかね?植物だった頃のDNAがそうさせるんですかね?させるわけないですよね?

 

なぜかはわかりませんが、私も四季が大好きです。

 

春の訪れを感じるひとつとして鶯(ウグイス)の鳴き声があります。

 

f:id:campmedaka:20180511060342j:image

 

これ、ご存知ですか?

鶯じゃありません。メジロです。

花札のイメージですかね?メジロを鶯と思ってる人は結構います。

本当の鶯は、

 

f:id:campmedaka:20180511060603j:image

 

これです。

名前を知らなくても死ぬわけじゃないかもしれない。

でも、正しい名前を知る事はそのものの正体を正しく見ることが出来ます。

 

キャンプ道具(ギア)も名前を知って正体を暴いて下さい!グルコサミン!

 

INDEX

 

キャンプ用語集

 

ガイロープ(Guy rope)

f:id:campmedaka:20180511072527j:image

テントやタープの張り綱のことです。

ロープヒモでも通じますが、正式にはガイロープです。たまにガイドロープと言ってる人を見かけますが、とりあえず通じるから大丈夫ですが、正確にはガイロープです。

 

自在金具

f:id:campmedaka:20180511111419j:image

ガイロープについてる金具がありますよね?

これのことです。自在金具。

ロープの長さを自在に調節する金具です。

これがなくても熟練の手練れはヒモの結び方で調節してしまいます。

使い方については、とても興味深いブログありますので、必ずご覧ください。必ずご覧ください。

大事なことなので二回言いました。

 

タープ(Tarp)

ヘキサタープ

f:id:campmedaka:20180511100909j:image

ヘキサタープは2本のポールをそれぞれガイロープとで三点支持で張るタイプです。

開放感があり、様々なレイアウトを楽しめます。

慣れないと難しいかもしれません。

 

スクリーンタープ

f:id:campmedaka:20180511074030j:image

スクリーンタープは三点支持とドームタイプのものがあります。

夏には蚊帳として、冬には防風(防寒)として使え、プライバシーも確保されます。

ドームタイプなら比較的楽に設営できると思います。

 

カンタンタープ

f:id:campmedaka:20180511074636j:image

ワンタッチタープや自立式タープとも呼ばれてます。

開放感もあり、何より優れてるのが、その名の通り設営が「簡単」です。

開いて脚を伸ばすだけです。

重くて嵩張るのが難点ですが、初心者にはありがたいタープですね!アリガタープですね!

 

 

タープとは、日差しや雨を防ぐ布の事を指すので、形状にかなり種類があります。

ヘキサタープについては、ヘキサゴンのこと。

つまり6角形という意味です。

ちなみに、多角形の英語を並べると、

 

正方形:square スクエアー
長方形:rectangle レクタングル
五角形:pentagon ペンタゴン
六角形:hexagon ヘキサゴン
七角形:heptagon ヘプタゴン
八角形:octagon オクタゴン
九角形:nonagon ナノゴン
十角形:decagon デカゴン
多角形:polygon ポリゴン

 

オクタぐらいまでのタープは全てあります。

 

ちなみにスクリーンタープで

f:id:campmedaka:20180511121655j:image

ロゴスから出してるデカゴンは十角形ということですね。

ガイロープが多そう(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)

 

スキレット

f:id:campmedaka:20180511085406j:image

あの鉄のフライパンのやつ。

ダッチオーブンのフライパンのやつ。

正しくはスキレットです。

スキレットはフライパンの一種で鋳鉄製のものをいいます。

焚き火で使えます。

 

スキレットカバー

f:id:campmedaka:20180511095935j:image

蓋のことです。

まぁこれはフタと呼んだ方がわかりやすいですね。

 

ハンドルカバー

f:id:campmedaka:20180511100220j:image

スキレットは持ち手の部分まで鋳鉄で出来てますので、ものすごく熱くなります。

軍手ぐらいじゃ太刀打ちできません。

やっとこのような鍋つかみか、溶接用の牛皮のグローブをしないと火傷します。

なので、あらかじめ皮のカバーをつけて熱さを軽減させます。

よくDIYされてますね。

ちなみに、たかはし作のハンドルカバーは、

f:id:campmedaka:20180511120034j:image

下手くそ!いや、無骨!!!

リベンジしたものは、

f:id:campmedaka:20180511120118j:image

平凡!いや、スマート!!!

 

 

マット

インナーマット

f:id:campmedaka:20180511120712j:image

マットと言えば、大抵インナーマットを差します。インフレーターマットやウレタンマット、銀マットなどもありますが、基本的に寝心地を向上させるものを「マット」と呼んでます。

 

初心者の場合、呼び名がわからなくて、なんでもマット(or シート)と呼びがちです。

 

グランドシート

f:id:campmedaka:20180511121003j:image

テント自体を保護するものです。

使い方や効果については、こちら

 

ブルーシート

f:id:campmedaka:20180511121050j:image

青くなくても、こういうの全般をブルーシートと呼んでます。

ちなみに、たかはしはユタカメイクのシルバーブラックシートを使ってますが、ブルーシートと呼んでます。

 

 

コンロ

ツーバーナー

f:id:campmedaka:20180511122236j:image

シングルバーナー

f:id:campmedaka:20180511122306j:image

キャンプでコンロと言われて最初に想像するのは、ガスコンロですね。

 

カセットコンロ

f:id:campmedaka:20180511122420j:image

いわゆる卓上コンロのことです。

最近はカセットコンロも進化してます。特にイワタニ。利便性を求めて、

「カセットコンロでいいや」

となる筈が、もはや妥協などではなく、カッコイイです。特にイワタニ

初心者にはカセットコンロがオススメです。イワタニイワタニ

 

バーベキューコンロ

f:id:campmedaka:20180511122733j:image

炭を使って焼くのがバーベキューコンロです。

バーベキューを頻繁にする人なら、バーベキューコンロがいいと思いますが、朝昼晩バーベキューは嫌だって人は、焚き火台で代用できるので、そこまで必要性を感じません。

 

 

まとめ

ここまでくると、最初のウグイスのくだりはなんだったんだろう。

あ、そうそう!名前を知るってことでした!

 

今回はここまでにして、第二弾も書きますので、どうぞご覧ください(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!!