ひとまずキャンプ®︎(ジャングルブログ)

見切り発車で始めたこのブログ。キャンプのレポやコラムを書いていきます。

飲み友募集は9割が投資ファンドだった話

いつもはキャンプの話を書くブログですが、先日書いた記事を元に広がった話を少々。

 

先日のブログ

 

飲み友募集は投資系の集まり

f:id:campmedaka:20180612142340j:image

 

0.はじめに

この話は、後輩の桃介(仮名)くんに先日のブログの話をした事で実現した、素人が素人をインタビューするという奇怪な話。

発端は、(ブログの話をして)こんな事があったんたよね〜、と話すと、

 

「あぁ〜、多いですよね、そういう人」

 

えっ!?そういう経験あるの?詳しく教えて?

という所から始まりました。

 

1.友達作り

桃介くんは、たかはしより一回り以上年下の28歳。

f:id:campmedaka:20180612162113j:image

ジェネーションギャップしかない。

地方から上京してきた彼は、東京で同じ趣味や同世代の友達を増やそうと、様々な手段を講じているそうです。

 

その手段とは?

 

それは、ジモティー・お茶友の会・コリュパ!だそうです。

昭和の感覚だと、

 

「…それ、大丈夫なの??(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)」

 

と思ってしまいますが、本人はどこ吹く風。

 

「全然大丈夫っすよ?」

 

詳しく聞いてみると、それは全然大丈夫ではない内容でした。

 

2.ひとまず会ってみる

桃介くん、ジモティだけでも100人程の人と会ってるそうです。

凄い行動力だと思いませんか?w

 

ジモティーの良さは『今から』という募集があるところです。突発的に思い立ったり、急に予定が空いてしまったりした時に、検索かけると、大抵募集してる人がいるので、そこで連絡を取り合って、食事したり飲みに行ったりします」

 

見上げたものだ。

しかもこれ、相手は同性の人とですよ??

念の為、聞いてみました。

 

ーーーゲイなのですか?

 

「違いますよ〜wそういうのはソレ専用のアプリとかあるみたいですよ?」

 

と、やけに詳しい。

でも、彼は女性と結婚しているし、本当に友達探しなのだろうと納得。

 

「色んな人がいますけど、まずは会ってみないとわからないので、一対一で会うことを心掛けてます」

 

行動に裏打ちされた色んな人がいるという言葉を、繙いてみました。

 

3.どんな人と会ったのか

いやぁ、男友達を作るのにそこまで情熱を傾けられるなんて凄い。それ自体は世代の壁を超えて、凄いと思う。プチ入江ですね!!!

 

それでは、実際会ってみて、どうだったのか?

 

「純粋に友達(飲み友)を探してるのは、10人中1人ぐらいですね〜。あとは大体下心がある人達です。不動産関係とかアムウェイとか宗教関係もいますね〜。それでも会うのは楽しいんです!」

 

なんなんだこいつは〜〜!!って思いませんか?

だって、詐欺まがいで近付いてくるのがわかっていながら、それでも会うという。

 

「会っていくうちに傾向というか、自分が感じるだけなのかもしれませんが、不動産関係の人は腕時計がゴツいんですw何故かはわかりませんが、大体共通してます」

 

成功者の証みたいなものなんですかね?

確かに、高価そうな時計をしてたら、

 

「こんな時計を買えるようになるのか〜」

 

と思うかもしれません。いや、確実に思うな。

 

「ファンド系は意識高い系風です。宗教関係は複数人でくるとか、何となく直感でわかるようになってきました『あ、投資系の人だな』とかw」

 

凄い炯眼の持ち主。

 

「今、仲が良いのは、アムウェイの人とバイナリーオプションの人です」

 

平成の感覚に恐れ慄いていると、

 

「あ、仕事でやってるだけで、勧誘とかはしてこないです」

 

とのこと。

あ、そういうパターンもあるのねw

わかりにくいわ〜ww

 

4.お茶友の会やコリュパ!でも

率は下がるものの、ゴツい腕時計の方が多いそうです。

なんでも、会社から言われてる人が大半のようです。

 

「人脈を作ってこい」

 

と言われ、ジモティでの募集やカフェ友作りに勤しんでる模様。

 

無理やり買わされたり、しつこく誘ってくることはないのか?

 

「きっぱり断れば大丈夫です。そんな悪質な感じではないと思います。中にはそういう人もいるかもしれませんが。。」

 

お茶友の会でも50人以上と連絡先を交換したそうですが、実際に連絡を取り合うのは5人だそうです。

 

5.おわりに

顔も知らない見ず知らずの人と会うというのは、何か危険が伴うような気がしてしまいがちですが、この桃介くんのように、敢えてそこに飛び込むことで、虎子を得る人もいるのだということがわかった。

 

それにしても大胆不敵な行動に舌を巻く思いでした。