ひとまずキャンプ®︎

見切り発車で始めたこのブログ。キャンプのレポやコラムを書いていきます。

キャンプ道具を売った話。断捨離でミニマル化。

キャンプ道具を売って凄い得した話をする前に、ミニマムミニマルの違いを先に話しておきますね。

専門的に説明をしようとすると、とんでもないところに着地しそうなので、私が捉えてる考え方で簡単に説明します。

 

ミニマム…絶対最小値

ミニマル…必要最小限

 

違いがわかりますか?わかりますよね?

ミニマルは人によって違うということですね。

ミニマムのマムはmom(母)ではないということですね。

ちなみに、

 

ビッグマム…四皇の一人

ビッグボーイ…ハンバーグ

 

ですね。

 

キャンプ道具を断捨離してミニマルへの道

f:id:campmedaka:20190211163907j:image

キャンプ道具のUL(ウルトラライト)化やコンパクト化という言葉は耳にすることもあるかと思いますが、私の場合はミニマル化です。

また、清掃キャンプ活動という観点からリデュースにも力を入れていきたいと思ってます。

 

清掃キャンプ活動の記事

 

断捨離もただ捨てるだけじゃなく、リユースしてもらえればと思ってリサイクルショップやメルカリで売ったりしてます。

みなさん、どれくらいで売れたのか気になりません?気になりますよね?

 

わかりました。(何が)

そこまで言うならお教えしましょう!!(言ってない)

 

もちろん程度や状態によって変わるものですが、目安になるかもしれないので載せておきます。

 

断捨離の方法

まずは、方法についての確認です。

目的は「ミニマル化の為の断捨離」なので、物を手放すという行為がメインです。

その副産物としてお金がもらえる場合があるというスタンスなので、より有効に現金化をさせたいという目的ではないことを予めご認識下さいませ。

 

物を手放す方法はいくつかあります。

  • 捨てる
  • 譲る
  • 売る
  • 正反対の分子をぶつけて相殺し消滅させる

 

対象となる物によって方法を選ぶわけですが、その基準は「楽」かどうかです。(嫁が)

基本的に面倒くさがりなので、手軽に気楽に手放せるのが一番です。(嫁が)

 

普通にゴミの日に捨てるのが楽なら捨てる。(嫁が)

譲るのが楽なら譲る。(嫁が)

捨てるより譲るより売るほうが楽なら売る。(嫁が)

 

ちなみに、本やCDなどは、BOOKOFFの出張買取サービスを利用するのが楽でした。(嫁が)

f:id:campmedaka:20190212141239j:image

大きな単行本などが多かったので、梱包するだけで引き取ってくれるのは助かりました。(嫁が)

f:id:campmedaka:20190212141244j:image

全部で272点あり、値段がついたのは108点。煩悩の数と同じですね。

合計で2,146円。1点平均19.87円の計算です。

 

あの重いものを無料で運んでくれて処分までしてくれ、その上2,146円のお小遣いまでもらえちゃうんです。もちろん大満足です。(嫁が)

 

念のためですが、分子で消滅とかは出来ませんからね。念のため。

 

ヘキサタープ

f:id:campmedaka:20190212142438j:image

長年活躍してくれたキャプテンスタッグのヘキサタープです。

もうこの型は売ってないし、記憶力も皆無なので定価がどれくらいだったかわかりませんが、笑っちゃうぐらい色遣いがスノピじゃないですか?w

ま、それはいいとして、タープは新たに焚き火タープTCウィングを買ったので、ヘキサの出番が減りました。いや、無くなりました。

f:id:campmedaka:20190212143030j:image

キャプテンスタッグのヘキサタープをいつから使ってたのか調べようと、iPhoneのカメラロールを遡ると、2012年の夏には既に使ってましたので、少なくとも6年半は使ってた計算になります。

雨風に耐え、よく日光を遮断してくれました。

汚れや破損はほとんどありませんでした。

型番も名前も知らないけど、キャプスタのヘキサタープ君ありがとう。

 

買取金額 600円

 

キッチンテーブル

f:id:campmedaka:20190212144143j:image

コールマンのキッチンテーブルです。

わかりにくい写真ですが、本当にこれしかないの?って自分に何度も聞きました。声出して聞きました。変な人だと思われました。

でも本当にないんですw

これを使う前は、テーブルを調理台として使ってたし、最近はコーナンのすのこスタンドや自作の棚みたいのを使ってましたが、最終的に我が家のキャンプスタイルとしては、それら全てが必要ないことがわかりました。

f:id:campmedaka:20190212144810j:image
f:id:campmedaka:20190212144806j:image

我が家に迎え入れたはいいけど、あまり活躍の場がなかったキッチンテーブルくん、まぁ、その、色々ありがとう。

 

買取価格 1,500円

 

ウォータージャグ

f:id:campmedaka:20190212145019j:image

iglooのウォータージャグ3ガロンです。

新品でアマゾンでは10,000円ぐらいしますが、実際にはもっと安く購入できると思います。

このジャグの前は、普通のウォータータンクを使ってました。

f:id:campmedaka:20190212194327j:image

デザイン性に惹かれてこのジャグを買いましたが、デカ過ぎるし、そもそもジャグである事の必要性に疑問を抱き、現在はペットボトルで水を持っていくことで落ち着きました。

 

買取価格 2,000円

 

LEDランタン

f:id:campmedaka:20190212194654j:image

コールマンのLEDクワッドランタンですね。

いくら探しても画像が残ってませんでした!

f:id:campmedaka:20190212194935j:image

これですね。

これが出た時は便利だと思ったんです。

4面のLEDのパネルを取り外し可能で、キャンプの夜トイレに行くのに重宝してたんですが、何せ嵩張るし、単一電池8本使います。

基本的にLEDランタンはテント内で使う為に持っていたので、ミニマル化をしたらこれになりました。

f:id:campmedaka:20190212195334j:image

手のひらサイズのフラッシュライト。

単三電池1本。※14500でも可。

ディフューザー(光を乱反射させ拡散させる器具)を付ければ全く遜色ありません。

 

買取価格 600円

 

まとめ

ついでにコロンビアのキャップを売りました。300円でしたので、キャンプ用品の

 

買取価格合計 5,000円

 

でした!!大満足!!

家に置いておいても物置の肥やしになるだけだし、道具を見直すことも出来てすっきりしたのに、お小遣いまでもらえた!!嬉しい!!

 

ということで、今回見直した道具は気軽にリサイクルショップに持ち込み買い取って頂きましたが、もし手間をかけてでも金額面で満足したいとお考えの方は、オークションやメルカリで!

 

見直せばまだまだありそう。

何を減らせるかな〜。

必要最小限のキャンプ道具で、そのひとつひとつには格別の品質や思い入れを持ったものに囲まれる事で、ションテン爆上がりです。

 

豊かさを量より質で求めてみよう。